小匙舎+みずたま雑貨店

吉祥寺にある古道具と雑貨のお店です。
*毎月第一土曜日に『小さな朝市』[10:00~売り切れ次第終了] を開催しています。
<< 今治タオルのストール | main | 「リトアニアのやさしい手仕事」展はじまりました >>
『リトアニアのやさしい手仕事』
こんにちは、小匙舎です。 
今日は、来週からはじまる企画展のお知らせです。

「リトアニアのやさしい手仕事」
4月20日(水)〜5月7日(土)at 小匙舎+みずたま雑貨店

3月の初めに仕入れに出かけたリトアニアの年に一度の民芸市で、
雪の降るなか探し集めた手仕事の雑貨が並びます。

昨年ご紹介したロムアルダさんやジビリヤさんの繊細で小さなミルクピッチャーやベル。

DMのモデルとなってくれたおばあさん
(写真を撮るとき、はずかしそうにスカーフを直し、
両手を前にぎゅっと結んだ様子がとてもかわいらしかった…)の、
バルト伝統の織りベルト。

他にもリトアニアの森の木から作られたカトラリーやお皿など、たっぷり並びます。


氷点下の世界での仕入れは、厳しい寒さとともに人々の温かさを感じた旅でした。
遠い異国からやってきた言葉も通じない見ず知らずの私の手を、
「寒かろう…」としわしわの手で包んでくれ、温かい飲み物をふるまってくれ、
西欧に比べるとシャイで内向的なリトアニアの人々なのに、
誰ひとりじろじろと冷たい視線を投げ掛けたり、知らんふりをしたりはありませんでした。

それどころか、ちょっと道に迷って地図を片手に立ち止まっただけで、
すぐに声をかけてくれたり、
どこでバスを降りたらよいのか乗客みんなで口々に教えてくれたり。
素っ気なくされることや心細さに慣れてしまっていた旅人には、
涙の出そうなやさしさでした。


春待ちの日々の中、職人さんの手によって
ひとつひとつ丁寧につくられた道具や民芸品は、
古くから引き継がれた伝統と素朴なやさしさにあふれています。

ぜひ出会いにいらして下さい。


小匙舎


| もよおし | 17:20 | - | - | pookmark |