小匙舎+みずたま雑貨店

吉祥寺にある古道具と雑貨のお店です。
*毎月第一土曜日に『小さな朝市』[10:00~売り切れ次第終了] を開催しています。
<< おばあちゃんの織りベルト | main | 古道具、入荷しました >>
ロムアルダさん
 年に一度のリトアニアの民芸市で、
なにより出会えるのを楽しみにいているのが、ロムアルダさんの作品達です。

やさしく素朴ながら繊細な絵付けは、
全てロムアルダさんがおひとりでしています。

普段はとてもおだやかで家族想いのやさしいお母さんですが、
作品作りに対する静かな情熱と探究心は、
リトアニアの作家さんや職人さんの中でも、
群を抜いて光をはなっているロムアルダさん。

こちらは昨年も仕入れて大人気だったベル。
窓辺に飾ると、風が吹くたびにやさしい音が響きます。

定番のピッチャーシリーズは、
下記の写真のやさしい色に素朴な模様のナチュラルタイプと、
繊細な絵付けが特徴のグリーンやブラックのものと2タイプ。

小指ほどのほんの小さなサイズから手のひらサイズのものまで、
ひとつひとつ大きさもデザインもモチーフも違うので、
みなさんどれにしようかな…と悩まれてしまいます。

ミルク入れとしてはもちろん、ソースやはちみつ入れ、野の花をいけても…。

こちらは、新作のプレートシリーズ。少しだけ仕入れることができました。
小鳥が並ぶナチュラルタイプと、繊細な絵付けのタイプ。
小振りサイズなので、お茶請けや角砂糖、お気に入りのアクセサリをのせても…。

最後は、こちらも新作のネックレスチャームです。
内側が素焼きのままなので、お好みのアロマオイルをほんのすこし垂らせば、
一日中ほのかな香りを楽しめます。
こちらも入荷は少しだけ…。

民芸市でロムアルダさんに会いに行くと、
お手伝いに来ているきれいな娘さんや息子さんと、
仲良く楽しそうにおしゃべりしているロムアルダさん。
いつも温かい飲み物やサンドイッチをふるまってくれたり、
本当にとてもすてきなあたたかい人達です。

英語のほとんどできないロムアルダさんと少しでもコミュニケーションできたら…と、
今年はリトアニア暦先輩の雑貨屋さんの友人に
(彼女は年々めきめき上達しているような…!?)、
簡単なあいさつをたたき込んでもらい、
やっとリトアニア語だけのやりとりもすこし…。

民芸市は職人さんや作家さんに会える数少ない貴重な機会なので、
もっとリトアニア語が話せたらなぁ…と思うことばかり。
聞きたいこと山ほどあるのになぁ…。


小匙舎

| ものについて | 17:51 | - | - | pookmark |