小匙舎+みずたま雑貨店

吉祥寺にある古道具と雑貨のお店です。
*毎月第一土曜日に『小さな朝市』[10:00~売り切れ次第終了] を開催しています。
<< 朝市のご報告 | main | Hanako吉祥寺特集に掲載されました >>
『春の訪れを感じるテーブルウェア』
 こんにちは、小匙舎です。

なかなか朝市以外のブログが更新できずにいましたが、
今日は今週からはじまった特集『春の訪れを感じるテーブルウェア』をご紹介します。
お店の中でもいちばん明るいすがすがしいコーナーになりました。

まだまだ雪がちらついたり、
寒い風がぴゅうぴゅうと吹いたりしていますが、
それでも夕方まで外が明るかったり、
ふと昼間感じる日差しや風がやわらかったりと、
すこしずつ春の訪れを感じるこの頃…。

そんななかで、食卓にも春を感じるはなやいだアイテムを…と、
今回のテーブルをディスプレイしてみました。

こちらは、ベルギーの『BOCH』のデザートプレート。
『BOCH』はベルギーの老舗陶磁器メーカーで、その歴史は古く、
はじまりは1841年まで遡ります。
現在も『Royal Boch』として王室御用達の食器を作り続けている由緒正しい会社です。

こちらのプレートは青い花のステンシルがかわいらしいデザイン。
直径20cmとやや大きめなので、使い勝手も便利そうです。

こちらのポットは、ドイツの蚤の市で見つけたもの。
ドイツや東欧では昔から水玉模様の食器は人気で、現在も多く見かけられるのですが、
こちらはサイズも大きめで、内側はクリーム釉のストーンウェアと、
はじめて見かけたものです。

すっきりと落ち着いたブルーのぽってりとしたデザインは、
甘すぎることなく、テーブルアイテムの仲間入りをしてくれると思います。

こちらは、『アドニスサザンカ』という春の草原に咲く花のタイルです。
古いタイルはディスプレイとしてはもちろん、
鍋敷きにしたりアクセサリを載せたり使い道が自由なところがいいですね。


さて小匙舎は、2月20日〜3月14日までヨーロッパへ買いつけ旅へいってきます。
その間も、みずたまさんが店番を担当してくださいますので、
お店は営業いたしますが、臨時休業日がありますのでご了承ください。

【2月・3月の臨時休業日】
2月22日(水)・3月1日(木)・8日(木)

買いつけの様子は、小匙舎日誌と小匙舎Twitter@kosajishaで綴る予定です。

それでは、いってまいります。




| ものについて | 14:15 | - | - | pookmark |