小匙舎+みずたま雑貨店

吉祥寺にある古道具と雑貨のお店です。
*毎月第一土曜日に『小さな朝市』[10:00~売り切れ次第終了] を開催しています。
<< 『sneak peek Lithuania のぞいてみよう リトアニア手仕事の世界』 | main | 5/5(土)小さな朝市のお知らせ >>
リトアニアの手仕事たち
こんにちは、小匙舎です。

只今、お店では小匙舎の久しぶりの企画展
『sneak peek Lithuania のぞいてみよう リトアニア手仕事の世界』開催中です。

会期終了まで残すところあと5日となりました。今日は企画展の様子をすこしご紹介します。
企画スペースのメインテーブルはカウナスという小さな町で作陶されているご夫婦、
ロムアルダさんとスターシスさんの作品達。
今年もミルク入れにぴったりな小さなピッチャーから、
お花を生けたりできる大きなピッチャー、蓋付きのポット、
ベルやネックレスチャームとたくさんのアイテムが並びました。

春のヨーロッパと言えばイースター。
今年のイースターエッグはいつにもまして繊細で素敵なデザインのものが多く、
どれもこれも仕入れたくなってしまい、選ぶのに困ってしまうほどでした。

今期から新入荷のマグカップは、たっぷりサイズで毎朝のカフェオレはもちろん、
スープカップとしてもおすすめです。
ぽってりとしたフォルムがなんとも愛らしいデザイン。

他にもガウチャス兄弟のなべしきやコースター、
ぽっくりとしたカタチがかわいい、木製のどんぐり型小物入れなど。
チェリーやプルーンなどいろいろな木から作られた木の匙もたくさん並びました。

リトアニアの老舗リネン屋さんにオーダーして作ってもらった、
リネン100%のキッチンクロス。
乾きの早いリネンは、使い洗うほどに風合いがますので、
洗う回数の多いキッチンまわりのファブリックには、とてもおすすめの素材です。

リトアニアの手仕事たちで『お茶の時間リトアニア編』。
こちらの木のトレイは、お皿にもなるのでわが家でも大活躍中のアイテムです。


リトアニア展がはじまってからは、なんだか雨の日が多くて泣かされていますが、
おかげさまで今年もたくさんの方にお越しいただき、
売り切れのアイテムも出てきました。

ロムアルダさん作品など、それぞれが一点ものの商品もたくさんありますので、
ぜひいろいろなアイテムの揃っているうちに、足をお運びいただけましたらうれしいです。
5/2(水)まで開催しています。
(終了後も商品は引き続き取り扱いますので、GWのお出かけの際はぜひ)



| 小匙舎のお知らせ | 18:33 | - | - | pookmark |