小匙舎+みずたま雑貨店

吉祥寺にある古道具と雑貨のお店です。
*毎月第一土曜日に『小さな朝市』[10:00~売り切れ次第終了] を開催しています。
<< 10月朝市レポート | main | 『みずたま茶会』参加者募集中 >>
『家具職人の作る木のお皿たち:アントニス・カーデュー』展 by小匙舎
 こんにちは、小匙舎です。

気持ちのよい秋空の三連休最終日です。

今日は10日(水)よりスタートする小匙舎の企画展のお知らせです。

『家具職人の作る木のお皿たち:アントニス・カーデュー』展

10月10日(水)〜24日(水)火曜休み


アントニス・カーデューさんは、パリに住むイギリス人の家具アーティストです。


民芸の陶芸家として知られたマイケル・カーデュー氏を祖父に持つアントニスは、

同じく陶芸家のおじさんやお兄さんと、職人一家に育ちました。


心から木を愛するアントニスは、家具を作った一日の終わりのちょっとした時間に、

(アントニスが言うところの「創作から日常へ戻るために必要な時間」)

家具製作で余ったいろいろな種類の木材で、お皿やおもちゃを作ります。


家具作りの合間に作られたアントニスのお皿達は、

アントニスの家の食卓で何年もの間、毎日のように家族で使い古され、

生活の痕跡が染みこんだ色と手触りをしています。

私が初めてアントニスのお皿に出会ったとき、ひとめぼれしたのも、

新しいお皿以上にこの使い古されたお皿たちでした。


アントニスのお皿が日本で販売されるのは今回が初めての機会となります。


ぜひみなさんにもアントニスが作ったお皿達に、

手を触れ、木を感じ、みなさまそれぞれの生活の痕跡を、

時間をかけて染みこませていただければと思います。


詳しくは小匙舎日誌でご紹介してゆきますね。


みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


小匙舎



| 小匙舎のお知らせ | 13:29 | - | - | pookmark |