小匙舎+みずたま雑貨店

吉祥寺にある古道具と雑貨のお店です。
*毎月第一土曜日に『小さな朝市』[10:00~売り切れ次第終了] を開催しています。
<< 『ラトビアの森の民芸市』展 | main | 第十回 小さな朝市 >>
ラトビア展スタートしました
こんにちは、小匙舎です。

 本日『ラトビアの森の民芸市』展スタートしました!
オープン前に小さなトラブルがあり、開店が少し遅れてしまいましたが(お待たせしてしまったお客様…本当に申し訳ありませんでした。)、なんとかはじまりました。


今回の企画展は、今年の6月にラトビアの森で行われた民芸市で仕入れてきたものがほとんど。民芸市は、大きな湖のそばの森という夢のようなロケーションで催されました。

少しでもラトビアの森の雰囲気が伝わればよいな…と、大きな枝をディスプレイに使って、
ミトンや靴下をぶらさげました。(本当はスペースがあれば、大きなもみの木を置きたかったのですが…)


枝は、先日山梨で自然農を営む友人の家へ遊びにいったときに、山で見つけたもの。「北の国から」のような古い一軒家に暮らすふたり。家の裏には渓流が流れ、シカのいななきの聞こえる、360°自然に囲まれた場所で、草や虫と共存する畑を作り、たくさんの野菜を育てて暮らしていました。

日帰りだったのですが、いろいろなところへ連れていってもらい、夢心地の一日でした。
詳しくはまた追って小匙舎日誌にて綴りたいと思います。すてきな一日をありがとう。

山梨からえっさこらさと連れ帰った枝達と松ぼっくり、大活躍してくれています。友人と初めて会ったのは昨年のラトビアの民芸市でのことだったので、ラトビア→山梨→吉祥寺→ラトビアとつながり、とても不思議な気持ちです。


ラトビア展は11月15日(月)までの長めの会期ですが、手編みのミトンや靴下はほとんど一点ものですので、無くなったらおしまいで追加入荷もありません。

初日から、大人用は次々に旅立っていますので、ねらっている方はお早めのご来店をおすすめします…。


小匙舎



| もよおし | 18:37 | - | - | pookmark |